フルイケトカエル

2020-07-22 よきかな, 雑記

須田帆布のプレゼント包装の袋でバッグをつくる

なかなか梅雨明けしませんね。

4連休もすっきりしないお天気となるそうです。

雨の日はまったりおうち時間。ミシンでずっとやろうと思っていた計画を実行いたしました。

私、さんねこは須田帆布のバッグを愛しておりまして、普段はもっぱら須田帆布のバッグとともにお買い物、子供の送迎、お散歩までいつも一緒に過ごしています。

そう。やりたかったことは、須田帆布のバッグを注文したときのプレゼント包装で使われている帆布の袋でバッグを作ることです。

須田帆布プレゼント包装のバッグ

須田帆布のプレゼント包装の袋

勝手に、ズダダダダとつくばにある須田帆布の工房で働く職人さんの一員となった気持ちで、ミシンでぬいあげました。 

(すみません。スキルはまったくないです。でも思うだけなら、想像するだけならOKなはず。)

素人がつくったので、仕上がりは自信ないですが、肌触りといい、素朴さがまさに須田帆布好きにはたまらないバッグができあがりました。(布がいいからだろうけど(;^_^A)

かなり気に入っております。

ガンガンガンガン・・・のスタンプが素朴でかわいい。

きなりのぱりっとした肌触り。なんともいえないです。

達成感!

ムスメ’sはなにやらコネコネ粘土遊び。

集中してくれているからか、つかの間静かな時間をあじわいました。

「できたよ!」とみせられた作品は、↓

粘土で作った使い終わったパック

「使い終わった美容パック」

らしいです。

まさかそうくるとは。おかあさん予想外。

そして母は、ずぼらでめったにパックしないのだけれど、さかのぼること数年前に、カオナシの真似をしたときのことを思い出したのかしら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください